IT企業にオススメの転職サイトと転職エージェント

更新日:

IT企業って将来性もあるしなんかおしゃれですよね!
そんなIT企業に転職したいです!
でもIT未経験なのでちょっと不安。。

こちらの記事では、IT企業への転職方法やその際の注意点などを書いています。将来性、安定性、収入、コロナパニック、、などなど、色んな考えでIT企業への転職を決意する方は多いと思います。

ぜひこちらの記事を参考に少しずつでも前進してください。

【理由は倒産】
9年の飲食業界リーマン没頭生活が会社倒産で突然終了→不安を抱えながらもIT企業へと転職を決意→現在は年間1,000件を超える某大手メーカーのWEB広告を扱うチームのリーダーに就任
☆未経験から異業種へと転職成功→世界が劇的に変わったので、自身の転職体験を元に転職支援ブログを綴る日々。

転職サイトと転職エージェントの違い

まず、転職サイトと転職エージェントの違いやメリットなどを簡単にご紹介します。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

  • 転職サイト:大量の求人を検索できるWEBサイトで自ら情報を探す方法です。
  • 転職エージェント:転職のプロであるキャリアアドバイザーが在籍しており、彼らがあなたの悩みや不満、希望を聞き、最適な企業を探してくれます。あなたの強みや特徴、スキルや過去の職業やポジションから条件のマッチした企業をご紹介してくれます。

 

転職エージェントのビジネスモデル

あなたが転職エージェントの紹介により企業へ就職が決まると、その企業から報酬をもらうというもの

 

転職エージェントのメリット

  • 転職エージェントは無料で利用できるので金銭的なリスクが少ない
  • 効率よく転職することができるため人気の転職方法として年々話題

僕が転職活動をしている時も、キャリアアドバイザーから多くのアドバイスや非公開求人などの有益な情報を得ることができました。このような転職のプロのサポートを上手く利用することで今後の転職に活かせます。

WEBマーケターにおすすめの転職エージェント

WEBマーケターにおすすめの転職エージェントはこちらです。

 

未経験からいきなりWEBマーケターのようなプランナーやコンサル的な業務は難しいので、WEB広告の運用などの業務から始めると転職しやすいです。公式サイトには求人検索機能もあるので「WEBマーケティング」などで検索してみましょう。

転職エージェントは数多くありますが、その中でもWEB系に特化したカテゴリのある転職エージェントです。登録ももちろん無料で簡単にできるので気になる方はとりあえず登録しておきましょう。

転職エージェントの登録からの流れ

  1. 転職エージェントに登録
  2. メールor電話での面談の案内
  3. 面談の日程調整
  4. 面談を通して求人の紹介

となります。転職エージェントの利用は無料なので、転職してみたい企業があればその企業の話だけでも聞けると今後の転職の参考になりそうですね。

@PRO人

IT業界に特化し、アドバイザーもIT業界経験者なので安心。ベテランエンジニアのキャリアアップのための転職や、未経験若手をエンジニアデビューという実績もある今グイグイきている転職エージェントです。

»@PRO人公式サイトはこちら

Webist

Web業界・広告/出版業界に特化した転職エージェントで、大手・有名企業やベンチャー企業案件も多く、スキルや強みにマッチしたサポートが魅力です。

週1日からの求人や、正社員・契約社員や派遣、フリーランスなどなど…様々な雇用形態のお仕事をプロの視点からアドバイス、サポートがもらえます。

専門エージェントによる転職・就業支援サポート(書類作成サポート、面接対策、条件交渉など)を受けることができることはとても魅力的ですね。

デザイナーや広告、ゲーム系、映像系などクリエイティブな仕事への転職を希望する方は特におすすめです。

»Webist公式サイトはこちら

エンジニア・WEBデザイナーにおすすめの転職エージェント

エンジニア・WEBデザイナーにおすすめの転職エージェントはこちらです。

IT企業といえばやはりエンジニアとWEBデザイナーですね。システムを構築したり、アプリを開発したり、ホームページをデザインしたりコーディングしたり。専門職に転職することはもちろん難しいですが、興味があればとりあえず転職エージェントに相談してみるのも良いですよ。

マイナビIT AGENT

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績があります。全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、 隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

»マイナビITエージェント公式サイトはこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、キャリアのご相談から、企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。IT・Webの業界や技術に精通した専門知識のあるアドバイザーによるサポートが強みです。

»レバテックキャリア公式サイトはこちら

転職サイトと転職エージェントを併用しよう

転職サイトと転職エージェントを併用することでさらに効率よく、自分の好きな企業への転職の可能性が高くなります。

 

応募方法

  1. 転職サイトに登録+好きな求人を検索する
  2. 気になる求人を転職エージェントに伝える
  3. 転職エージェントから推薦状付きで企業に応募する

この方法は今やかなりメジャーとなっていますが、王道の流れです。
書類選考は学歴フィルターや過去の転職回数などにより希望通りに進められないことも多く、このような方法で転職エージェントからの推薦状をもらい、書類選考に通りやすくしておくことが転職成功への鍵となります。

転職エージェントを利用するポイント

転職エージェントを利用するにはいくつかのポイントがあるのでまとめます。

転職エージェントに遠慮しない
・転職エージェントからの紹介を断る勇気
・紹介された求人は必ず詳細を調べる
・転職エージェントの担当変更を遠慮しない

転職エージェントに遠慮しない

転職エージェントには遠慮してはいけません。聞きたいこと、言いたいことははっきり伝えましょう。

また、本当に転職したい!就職したい!という気持ちのある方でないと、エージェントは真剣になりません。なぜなら転職エージェントのビジネスモデルは求職者を就職させないと利益が生まれないからです。

だからこそのメリットは、業界の情報や有利な情報が手に入ることであり、デメリットはとりあえず紹介された求人に転職してしまうことです。転職エージェントとは真剣に本音の話をすることで信頼関係を築きつつ、サポートやアドバイスをもらいながらうまく利用しましょう。

転職エージェントからの紹介を断る勇気

転職エージェントから紹介された求人はある程度最適なものである可能性は高いですが、自身でも調べたりする中で色々な情報が入ってくるでしょう。紹介してくれた理由を聞くことはもちろん、あなたが調べた情報も伝えて吟味しましょう。投げやりに断らずに次に繋がるように前向きにお断りするのがベターです。

紹介された求人は必ず詳細を調べる

紹介された求人があなたに合っているかどうかは必ず自身でも調べてから答えを出しましょう。鵜呑みにしてはいけません。なぜなら先ほどお伝えしたように転職エージェントのビジネスモデルは、求職者を就職させることで利益が発生するからです。

もちろん、適当に求人を紹介するようなエージェントが競合だらけの求人業界で生きていけるわけがないので、ある程度の信頼を持つことはOKですし、その方がアドバイザーからもより良い求人を紹介されやすくなるでしょう。

転職エージェントの担当変更を遠慮しない

転職エージェントにとっての転職は大量生産ですが、あなたにとっての転職は一生に数回です。親身になってくれない担当や生理的に合わない担当に対して時間を使うのは無駄です。そんな時は伝え方に注意しながらぜひ担当変えてもらいましょう。

遠慮していたらそのままあなたにしわ寄せが返ってきます。

最後に

転職エージェントを利用する際にはとにかくあなたの気持ちを伝えることが大事です。

  • 過去のあなたの職務経験や培ったスキルなどを伝える
  • 何に興味があって大事にしていることは何なのかを伝える
  • 今後の目標を細かく伝える
  • どんな会社が嫌でどんな会社が好ましいのかを伝える
  • 年収の希望を細かく伝える

 

もちろん希望ばかり伝えても難しいかもしれませんし、親身になってくれるキャリアアドバイザーもいればそうでない方もいるでしょう。求職者を企業に紹介することで報酬が入るというビジネスモデルである以上、そこにはメリットもあればデメリットもあります。

とりあえず利用は無料なので、気になったらサイトを覗いてみて下さいね。

【人気記事】»実体験:職種別おすすめの転職サイトと転職エージェント

よく読まれている記事

1

 131 そんな悩みの方に、タイプ別でユーザー満足度の高い転職サイト、転職エージェントをご紹介します。   転職エージェント、転職サイトはそれぞれに得意分野と不得意分野があるから複数登録する ...

2

こんなお考えの方多いですよね。 入社当時は僕もそうでした。ある飲食系企業に入社し、右も左もわからず突っ走っていたら、その9年後に倒産。。その時の僕には、ブラック企業でひたすら頑張れる忍耐力ぐらいしか残 ...

3

早速ですが僕は、こんな↓人間です。 とりあえず、こちらのブログの信用性の為に、1年間の実績(PV推移)を画像で貼っておきます。 途中何度も挫折・混乱・逃亡しましたが、本業(広告、マーケ)のためのトレー ...

4

頑張れば3分で読めるので、片手間でお付き合いください。 現在普通のサラリーマン。 ひたすら自己啓発動画を流し聞きする毎日。 その合間に作曲、デザイン、動画編集、ブログ。。憧れのクリエイティブな日々w ...

-おすすめの転職サイト

Copyright© まだ会社のために働いてるの? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.