動画編集の仕事・案件の取り方【副業・フリーランス】

更新日:

 4536

僕は今後、会社にとらわれない自由な生き方を目指しています!
そして動画編集の仕事をフリーランスで始めたいので仕事の取り方が知りたいんだ!

そんな切実な悩みにお答えします。仕事の取り方、探し方で確実に収入が変わります。今の情報社会では効率よく情報収集できるかどうかで生きるか死ぬかが決まるので、こちらの記事を読んでいただき、少しでも前進いただければと思います。

【理由は倒産】
9年の飲食業界リーマン没頭生活が会社倒産で突然終了→不安を抱えながらもIT企業へと転職を決意→現在は年間1,000件を超える某大手メーカーのWEB広告を扱うチームのリーダーに就任
☆未経験から異業種へと転職成功→本業のスキルを活かして副業を楽しむ日々

動画編集の仕事は

  • YouTube動画編集
  • 結婚式ムービー
  • 映画PR
  • 地元PR動画
  • 企業PR動画

こんなところが主流でしょうか?会社勤めなら何もせずとも仕事が舞い込んでくるので何の心配もありませんが、フリーランスや副業となると自分で仕事を取ってこないといけません。とはいえ、うまく仕事を取ることができれば、動画編集はかなりコスパが高く「最強の副業」となるのでおすすめです。

»動画編集の今後の需要と将来性を解説します

動画編集の仕事の取り方【副業・フリーランス】

動画編集の仕事の取り方として大きく2つです。

  • ネットで集客する
  • リアルで集客する

単純ですがこれが王道です。

ネットで動画編集の仕事を取る

ネットで集客する場合は

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • ホームページ

となります。

クラウドソーシングで仕事を取る

クラウドソーシングとは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスです。つまり、動画編集を依頼するクライアントとその仕事をしたい人のマッチングサービスとなります。

現在主流のクラウドソーシングサイトと言えば↓

  • ココナラ
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Bizseek

ですね。

それぞれに特徴がありますが、未経験の方が動画編集で仕事を手軽に始められそうなのはココナラかと思います。また、クラウドワークスやランサーズは時期にもよりますが単価が高めの案件も多数あって、ある程度スキルがあればコスパの良いお仕事になるでしょう。

スキル。。いきなり仕事なんてできるのかな。。
もう少し動画編集スキルを上げてからの方が良いかな。。

もちろんそんな方も多いと思います。動画編集のスキルを身に付けたい方は、最近では動画学習サービスの「Udemy」や、動画編集スキルを短期間で集中して学べる「デジタルハリウッド」、「TECH ACADEMY」などのオンラインスクールも人気なのでぜひご利用ください。気になる方は下記のWEBサイトからご覧ください。

◼️こちらがおさえておくべきオンラインスクールです!

»デジタルハリウッド:WEB業界トップのLIGと提携している安心のスクール
»Udemy:スキマ時間でオンラインでサクッと勉強したい方にオススメ

とりあえず押さえておいた方が良いクラウドソーシングサイトは下記のサイトです。参考程度に下記サイトもご覧ください。

»動画編集の副業で10万円稼ぐコツ【会社から脱依存】

◼️クラウドソーシングをお探しなら王道のこちら!

»ココナラ:音楽や動画、WEBコンサルなど、エンタメ系に強い
»クラウドワークス:日本最大級のクラウドソーシング
»ランサーズ:ジャンルの多さは最大級のクラウドソーシング
»Bizseek:手数料が業界最安値【初心者にも分かりやすい】

SNSで仕事を取る

SNSであればTwitterはかなり便利です。あのビジネス系YouTuberのマナブさんの動画編集を担当している方も、最初はTwitterでの書き込みから始まったと言われています。

【体験談】動画編集で稼ぎ始めた時のはなし【会社員の副業からスタート】

Twitterで動画編集者を募っている人を追いかけて応募するっていう感じですね。気になるYouTuberを見つけたら勇気を持ってDMを送りましょう。DM送るだけならタダです。特にYouTuberの動画編集を担当することができると毎日動画投稿する方も多いので、動画編集者としてはかなりの案件が安定してまかなえますね。

リアルで動画編集の仕事を取る

リアルで集客するにはコミュニケーション能力が必須です。これは同業者との横の繋がりを蓄積することで有利にはなると思いますが、最初のハードルとしては若干高いかもしれません。

動画編集者同士でつながっておけば、ドローン撮影を入れたい、動画にロゴを入れたいからロゴのデザインをしてほしい…など、動画編集はできてもドローン撮影はできない、ロゴのデザインもできないとなるとクライアントは別の業者に依頼するかもしれません。

横の繋がりが強ければ、「ドローン撮影できる人知っていますよ」「デザイナー知っていますよ、紹介しましょうか?」となってその仕事を取るチャンスが増えます。

逆の場合でも一緒ですね。知り合いが動画編集できる人知ってますよってあなたを勧めてくれるかもしれません。横の繋がりは会社でもフリーランスでも副業でも重要ってことです。

フリーランスや副業で仕事を探すのは大変です

実際フリーランスとか副業って自分で仕事を探さないといけないのでめちゃくちゃ大変です。僕もバナー作成をクラウドソーシングで始めた時は、10案件にデザインを送ってなんとか1個受注したという経験があります。

とはいえ流石に数をこなしていくと作業に慣れてくるので、時短でクオリティの高いものに近づけることができます。最初のうちは大変ですが継続することでスキルアップに繋がります。

クラウドソーシングなら、例えばYouTubeの動画編集5分ぐらいのものは時給1000円ぐらいが相場と言われています。安いと思われた方もいると思いますが、スキルが上がれば高単価案件に挑戦したらOKです。時給5000円ぐらいの案件もあるので…やりようによっては最強です。

未経験から動画編集クリエイターに【WEBマーケターの視点から話します】

僕は名もなき自称クリエイター。
動画編集って仕事になるらしいですね!
稼げるんですよね!
楽しいんですよね!

どんな職種でもそれぞれ色んな悩みがあります。動画編集クリエイターを目指す方は

  • 今後動画編集に将来性はあるのか?稼げるのか?
  • そもそも動画編集ってどんなスキルが必要なんだろう?

そんな悩みを持つと思います。僕は現在、年間1000件を超える某大手メーカーの広告ならびに改善提案のコンサル部分も担当しているWEBマーケターとして活動中です。そんな視点から

  • 動画編集の将来性はあるのか?
  • 未経験から動画編集クリエイターになれるのか?

そんな疑問を紐解いてみましょう。

まず、こちらの YouTube市場グラフをご覧ください↓

YouTubeの需要がグングン伸びてますね。理由はスマホの普及と4Gによるストリーミングの便利さです。そしてさらに時代は、高速化する5Gへと移行します。つまり、YouTubeの市場規模はこの先数年は確実に伸びていくのでうまく波に乗れば荒稼ぎできるでしょう。

YouTubeの動画広告の需要は爆増中!
なのに動画広告のクオリティはそんなに高くない現状。
だからチャンスです!

個人YouTuberの進出が目まぐるしく、さらにはテレビ業界、芸能人もこぞってYouTubeに進出しています。ここに狙いを定めたあなたは大正解かもしれません。

  • 動画広告クリエイターの需要も伸びます
  • 動画編集クリエイターの需要も伸びます

動画は変革の時期なんです。

ということで、未経験から動画編集を仕事にする方法として下記の解説をしていきましょう。

  • 動画編集の仕事ってどこから探すの?
  • 動画編集を仕事にするにはどんなスキルが必要?

未経験から動画編集を仕事に【副業・フリーランス】

未経験から YouTubeの動画編集を仕事にするには

  • 動画編集の仕事の探し方
  • 動画編集に必要なスキル
  • 動画編集に必要な機材

この辺りに少し詳しくなる必要があります。

動画編集のスキルを身に付けたい方は、冒頭でご紹介させてもらった「オンラインスクール」を利用するのも将来のためのコスパの良い投資といえるでしょう。

例えばこちらはオンラインスクール「デジタルハリウッド」の生徒さんの作品です。

この需要の高まりの中このレベルで制作できたら重宝されそうですね。

◼️こちらがおさえておくべきオンラインスクールです!

»デジタルハリウッド:WEB業界トップのLIGと提携している安心のスクール
»Udemy:スキマ時間でオンラインでサクッと勉強したい方にオススメ

動画編集の仕事ってどこから探すの?

副業・フリーランスで動画編集を仕事にしたい方の登竜門としてまずはクラウドソーシングで仕事を受注するのがおすすめです。

 クラウドソーシングとは、インターネット上で企業が不特定多数に業務を発注する業務形態です。クライアントとなる発注者は人材の採用に費用をかけずに社外の労働力を確保できます。 必要がある時に業務の外注を不特定多数に依頼できるので効率的です。

受注者もまた、自分の特化したスキル・知識や生活スタイルに合わせて気軽に働けるというメリットがあります。まずはクラウドソーシングに登録しておきましょう。

実際やりたいことがあっても行動を起こさない人が多いので、そこにもチャンスがあります。

例えばこちらはクラウドソーシングサイトで有名な「ココナラ」の画面です。

多くのクリエイターが自分に値段をつけて、何ができるかを記載していますね。中身(プロフィールや仕事内容)を見てみましょう↓

↑ざっくり見るとYouTubeの動画編集を2500円から3000円で対応!っていう内容になっていますね。

このように、自分に値段をつけてこんなお仕事しますよーっていうことを細かく書いてココナラに登録しておくと、それを見て気に入った方から連絡が入るという仕組みです。

次に仕事の依頼の流れです。↓の画面のようにまずは見積もりなどの相談をいただいて、その後細かいやり取りがありそうであれば、個人的にLINEなどを使って進めていくという感じです。

◼️ココナラに登録してからの流れはこんな感じ!

1.ココナラに登録
2.プロフィールや仕事内容を入力
3.受注を待つ

クラウドワークスも同様で↓画面のように、内容登録後に受注を待つという流れになります。全てがネット上で完結するのでかなり効率的ですね。

もちろん待つ時間が惜しいのであれば個人的に営業することも可能で、YouTuberは YouTubeに溢れかえっているのでリスト化して直接YouTuberに営業する方もいます。

動画編集を仕事にするにはどんなスキルが必要?

動画編集にはどんなスキルが必要なんでしょう?まずはそこをおさえておかなければ始まりませんね。YouTubeの動画編集の基本的な仕事は

  •  動画のカット編集+並び替え
  • テロップを挿入する
  • BGMや効果音を適切なタイミングで挿入する
  • 場合によっては倍速やスローモーションを使う

この4つができるようになればある程度賄えるはずです。このスキルは動画編集の基礎知識と動画編集ソフトの使い方を1ヶ月程度勉強することで結構身につきます。※もちろん個人差はあります…

動画編集の基礎知識は本でも良いし、 ネットで検索してもOK。情報社会なので誰でも簡単に学べます。

動画編集ソフトの使い方も人気があるソフトや有名なソフトであれば、マニュアルがネット上にたくさんアップされているので初心者の方でも始めやすいです。動画編集はなれたらかなり高速でできるようになるので、最初は3時間かかっていたものも30分で終わらせることが可能となるでしょう。1本の動画の単価が大体3000円〜5000円なので、これを30分で終わらせることができればかなり効率の良い収益になります。

映像制作会社に転職したい方は無料で相談!

ということで、動画編集や映像制作で就職、転職を検討しているなら「転職エージェント」を利用しましょう。10万件以上の非公開求人を揃えたリクルートエージェントなら希望の企業が見つかるかもしれません。

»リクルートエージェント公式サイトはこちら

第二新卒・フリーター向けの転職なら書類添削から面接対策など手厚いサポートをしてくれる「第二新卒エージェントneo」もぜひ参考にしてみてください。

»第二新卒エージェントneo公式サイトはこちら

女性のクリエイターも増えてますので、女性クリエイター専門の、求人数9,000件以上の「CREATIVE VILLAGE」も一度参考にしてみてください。

»CREATIVE VILLAGE【for woman】公式サイトはこちら

動画編集の仕事の取り方【副業・フリーランス】 まとめ

もし未経験から動画編集を副業やフリーランスで仕事にするには

  • 動画のカット編集+並び替え
  • テロップを挿入する
  • BGMや効果音を適切なタイミングで挿入する
  • 場合によっては倍速やスローモーションを使う

この4つができるようにスキルをつけましょう。

そしてクラウドソーシングに登録しておきましょう。

グイグイ伸びている市場なので一度ハマれば収益も加速しそうです。

未経験から動画編集を仕事にしたい方、ぜひ参考になれば幸いです。

◼️クラウドソーシングをお探しなら王道のこちら!登録無料!

»ココナラ:音楽や動画、WEBコンサルなど、エンタメ系に強い
»クラウドワークス:日本最大級のクラウドソーシング
»ランサーズ:ジャンルの多さは最大級のクラウドソーシング
»Bizseek:手数料が業界最安値【初心者にも分かりやすい】

【人気記事】»動画編集の今後の需要と将来性を解説します

よく読まれている記事

1

まず、AIによって今存在する仕事は半分以上無くなると言われており、というか実際はすでに無くなっていてもおかしくない仕事ばかりだという現実はご存知ですか? 未だにアナログな業種が無くならないのは 突然仕 ...

2

というわけで、こちらの記事では「業種別の年収ランキング」と「今転職するならどんな業種?」についてまとめました。 日本のサラリーマンの平均年収は約450万円で、男性は約550万円、女性は300万円と言わ ...

3

転職は時折辛くて険しいものですが、おそらくこのページにたどり着いたということは、あなたの悩みは転職なしでは解決しない可能性が高いです。 それかもしくは、「今の環境を変えないと将来に希望はない!」と、ご ...

4

まず、転職エージェントを信用しないでください。 なぜなら転職エージェントは「人」そして「ビジネス」だからです。人の信用を生業とするビジネスなので、そう簡単には信用しないように。 まぁ、赤の他人に一世一 ...

5

まず前提として、ブログの世界には弱者と強者が存在します。 弱者:あなたや僕のような個人ブロガー 強者:大手公式サイトや法人化している企業のブログ、もしくはすでに影響力を持つインフルエンサー兼ブロガー ...

-動画クリエイターへの転職

Copyright© まだ会社のために働いてるの? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.