【簡単】動画編集スキルを使って在宅でバイトする方法

【簡単】動画編集スキルを使って在宅でバイトする方法

更新日:

最近始めた動画編集を使って気軽に在宅でバイトしたいな。
そもそも在宅でできる動画編集のバイトってあるのかな?

そんな悩みにお答えします。WEBマーケティングという仕事柄、今最も熱い職業などを調べることが趣味のようになっています。

そんな現在の職業の中でも人気が高いのが「動画編集」というジャンル。YouTubeの人気も合間ってさらに人気は急増しています。もちろんパソコンと動画編集ソフトが必要なので初期投資に少々お金が必要ですが、昔と比べてかなりリーズナブルにはなっています。

プロに利用者の多い、Adobe Premiere Proは定額制に移行したから、月額2480円で使えるよ!

定額制より買い切りが良ければ»Adobe Premiere Elements»Filmora9がオススメ!

なので、どれだけ初心者の方でもプロの使う動画編集ソフトを簡単に使えるんですね。そんな時代です。さらに機能面においてもアップデートが進み、金額の割に高性能なソフトも多いです。

最近ではオンラインスクールやオンライン講座も続々登場。。クリエイティブなことが好きな方にとっては勉強もしやすいし、仕事にもしやすい時代となってきましたね!稼げるか稼げないかで言うと、こちらのYouTuber動画クリエイターの「生ハム帝国」さんをご覧ください。

 

◼️動画編集は意外と儲かる件。高校生でも○○万円

チャネル登録者1万人越えYouTuberの「生ハム帝国」さんの動画です。学生の頃から動画編集で儲かった実体験を結構アップしているので、今後動画編集を仕事にしていきたい方は参考にしてみてください。

どのレベルの動画編集をするかはそれぞれですが、とりあえず動画編集で気軽にバイトしてみたいなって方は読み進めてください。

また、映像制作会社で本格的に学びながら働いてみたいなーって方は下記のエージェントを参考にすると良いかと思います。

 

動画編集や映像制作で就職、転職を検討しているなら「転職エージェント」を利用しましょう。10万件以上の非公開求人を揃えたリクルートエージェントなら希望の企業が見つかるかもしれません。

»リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

第二新卒・フリーター向けの転職なら書類添削から面接対策など手厚いサポートをしてくれる「第二新卒エージェントneo」もぜひ参考にしてみてください。

»第二新卒エージェントneo公式サイトはこちら

 

女性のクリエイターも増えてますので、女性クリエイター専門の、求人数9,000件以上の「CREATIVE VILLAGE」も一度参考にしてみてください。

»CREATIVE VILLAGE【for woman】公式サイトはこちら

◼️動画を勉強するならオンラインが人気!


»デジタルハリウッド:WEB業界トップのLIGと提携している安心のスクール
»TECH ACADEMY:継続できない方でも続けやすい、丁寧なパーソナルメンターによるレクチャー
»Udemy:スキマ時間で勉強できるオンライン動画講座

【簡単】動画編集スキルを使って在宅でバイトする方法

動画編集のスキルがあれば在宅でバイトすることは簡単です。しかも、クラウドソーシングというサービスを使えば気軽に仕事を探すことができます。

◼️おさえておくべきクラウドソーシングサイトです!


»ココナラ:クラウドソーシングの中でも特に個人間でのやり取りが強くWEB系スキルや動画、音楽系スキルが多い。
»クラウドワークス:安定の日本最大級のクラウドソーシングで仕事は多種多様で豊富
»ランサーズ:最も多い277のジャンルの仕事を依頼できる
»Bizseek:手数料が業界最安値【初心者にも分かりやすい】

気軽にバイトするならクラウドソーシング

クラウドソーシングとは、仕事の依頼者と受注者をマッチングさせるWEBサービスのことです。クリエイター案件が多いクラウドソーシングはココナラ、クラウドワークス、ランサーズ、Bizseekと有名なもので4つあります。

動画編集の仕事は、YouTubeの動画編集や結婚式のプロフィールムービー作成など様々です。それぞれに特徴がありますが、基本的には同じなのでその流れを説明しますね。

大まかな流れは下記です↓

  • その①:アカウント登録
  • その②:プロフィール作成
  • その③:受注を待つ or 自ら探す

その①:アカウントを登録しましょう

それぞれのクラウドソーシングサイトに特徴がありますが、どれも登録は無料なのでとりあえず登録しておきましょう。

その②:プロフィールを作りましょう

自分が何ができるのか、どんなスキルを持っているのかを書きます。

動画編集であれば、

  • 使ってる動画編集ソフト
  • 動画編集経験年数
  • ポートフォリオ

この3つは最低書きましょう。こんな感じです↓

※画面は以前僕が載せていたクラウドワークスのプロフィール

特にポートフォリオは重要です。仕事の依頼者が一番判断しやすい指標となるのがポートフォリオです。

ポートフォリオって何??

ポートフォリオとは作品集のことです。ご自分の動画編集した作品をYouTubeにアップしたり、運営するホームページに埋め込んだりして依頼者が簡単に見れるようなものを作っておくと魅力的です。

最近ではホームページを簡単に作成できるツールも出ているのでぜひそういった便利ツールもお試しください。

その③:受注を待つ or 自ら探しましょう

プロフィールができたら受注を待ちましょう。ただ、待つだけでは誰も依頼してくれないので仕事を探しましょう。クラウドソーシングは「動画編集」などのキーワードで検索できるので探しやすいです↓

気になる仕事があれば応募してみましょう。なんでもそうですが、まずは一歩踏み出すことです。不安でも自信がなくてもまずは一歩踏み出しましょう。最初はうまくいかないかもしれませんが、そのうち慣れますので。

実際僕も最初は不安でしたが、1件応募してみると逆にやる気が出て止まらなくなったので、まずは一歩踏み出すことをおすすめします。ほとんどの方が気持ちはあっても行動を起こさないのでチャンスですよ。

高単価な案件を狙うならスキルを磨くべき

在宅で動画編集のバイトをするのもありですが、さらに高単価案件を狙いたい方やスキルの高い案件をやりたいのであれば勉強するのみですね。

例えば

  • YouTube内のプロの動画クリエイターから動画で学ぶ
  • オンライン講座で学ぶ
  • 動画制作会社に1~2年程度働く

という感じでスキルを磨くことができます。特におすすめは「動画制作会社に1~2年程度働く」です。独学で勉強するのもアリですが、制作会社に一度入った方が圧倒的に効率が良いです。プロのノウハウやスキルを身近で学べるのでより実践的なスキルをつけることができます。

動画編集を今後続けていきたい方や自分のスキルをもっと磨いて稼ぎたい方は、一度動画制作会社でプロのスキルを学んでそのまま独立という流れが効率よくスキルアップできます。

また、冒頭でも紹介したように、最近では動画学習サービスの「Udemy」や、動画編集スキルを短期間で集中して学べる「デジタルハリウッド」、「TECH ACADEMY」などのオンラインスクールも人気ですね!

こちらはデジタルハリウッドの生徒さんの作品↓

映像制作の会社にいきなり転職!が流石に無理っていう方は、このような動画学習サービスやオンラインスクールを頼ってみても良いですね!気になる方は下記からWEBサイトをご覧ください。

◼️動画を勉強するならオンラインが人気!


»デジタルハリウッド:WEB業界トップのLIGと提携している安心のスクール
»TECH ACADEMY:継続できない方でも続けやすい、丁寧なパーソナルメンターによるレクチャー
»Udemy:スキマ時間で勉強できるオンライン動画講座

在宅バイトはとにかく自由

それにしても在宅でバイトができる時代ってほんと素晴らしいですよね。動画編集という職業はその最たるものです。パソコンと動画編集ソフトがあればわざわざ会社に行く必要がないんですから。

もちろん単発のバイトになると毎回自ら探さなければいけないので大変ですが、これで稼げたら最高ですよね。

ところで最近は動画編集の副業も増えています。特にYouTubeの動画編集はそこまでスキルを必要としてないので未経験からでも参入可能だと思いますよ。

※動画編集の質はそれぞれのYouTuberによります。めちゃくちゃ凝ってるYouTuberもいます。このあたりのYouTuberの動画編集担当に抜擢されたらしばらく安泰ですね!

◼️おさえておくべきクラウドソーシングサイトです!


»ココナラ:クラウドソーシングの中でも特に個人間でのやり取りが強くWEB系スキルや動画、音楽系スキルが多い。
»クラウドワークス:安定の日本最大級のクラウドソーシングで仕事は多種多様で豊富
»ランサーズ:最も多い277のジャンルの仕事を依頼できる
»Bizseek:手数料が業界最安値【初心者にも分かりやすい】

【簡単】動画編集スキルを使って在宅でバイトする方法 まとめ

動画編集はスキルをつければつけた分価値が上がるので単価も上がります。在宅でバイトする場合に環境は最高ですが、時給が低くて全く稼げないとなるとやってる意味がなくなるのでやはり勉強は必要です。

今後も需要が伸びるであろう動画編集というジャンルでさらに稼ぎたい方はまず一歩踏み出してみてください。クラウドソーシングで探すのも良いですし、オンライン講座を受けてもOK。試しに求人サイトで無料相談受けてみるのも良いですね。

ぜひこちらの記事が参考になれば幸いです。

【人気記事】»動画編集の今後の需要と将来性を解説します

よく読まれている記事

1

まず、AIによって今存在する仕事は半分以上無くなると言われており、というか実際はすでに無くなっていてもおかしくない仕事ばかりなんです。 未だにアナログな業種が無くならないのは 突然仕事が無くなる人が増 ...

2

というわけで、こちらの記事では「業種別の年収ランキング」と「今転職するならどんな業種?」についてまとめました。 日本のサラリーマンの平均年収は約450万円で、男性は約550万円、女性は300万円と言わ ...

3

転職は時折辛くて険しいものですが、おそらくこのページにたどり着いたということは、あなたの悩みは転職なしでは解決しない可能性が高いです。 それかもしくは、「今の環境を変えないと将来に希望はない!」と、ご ...

4

まず、転職エージェントを信用しないでください。 なぜなら転職エージェントは「人」そして「ビジネス」だからです。人の信用を生業とするビジネスなので、そう簡単には信用しないように。 まぁ、赤の他人に一世一 ...

5

まず前提として、ブログの世界には弱者と強者が存在します。 弱者:あなたや僕のような個人ブロガー 強者:大手公式サイトや法人化している企業のブログ、もしくはすでに影響力を持つインフルエンサー兼ブロガー ...

-動画クリエイターへの転職

Copyright© まだ会社に依存してるの? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.