飲食店の店長からIT企業に転職:働きやすさが圧倒的に違います

飲食店の店長からIT企業に転職:働きやすさが圧倒的に違います

投稿日:

僕は飲食店の店長です。
もう5年ほどになるけど、勤務体制や安価な給料、休日出勤や土日絶対出勤制度にそろそろ終止符を打ちたい。
他にもやること多すぎる‥
働きやすい会社に転職したいけど、IT企業ってどうかな?
未経験だけど転職できるかな?

そんな悩みにお答えします。

 

僕は現在、年間1000件を超える某大手メーカーのweb広告、改善提案などのコンサル業務を行うチームのリーダーとして活動中です。

今でこそ転職に成功してIT企業で働くという1つの目的を達成しましたが、数年前までは全くの畑違いである飲食業界で、店長職やエリアマネージャー職を経験。

休日返上+14時間労働は当たり前の会社で働いていました。

 

数年前と今では働きやすさやプライベートの時間が劇的に変わったので、そんな経験を元にお話ししますね。

飲食店の店長からIT企業に転職:働きやすさが圧倒的に違います

飲食店の店長からIT企業に転職できた僕の実体験を元にお伝えします。

以前と比べて働きやすさは圧倒的に良くなりました。

当時を思い出すだけでもゾッとします。

 

飲食店の店長の悩み

飲食店の店長の悩みは計り知れません。

ただでさえやらないといけないことが多いのに会社がブラックだと尚更辛いでしょう。

 

飲食店の店長が抱える悩みとして

  • 売り上げ
  • 人員の強化
  • スタッフの育成
  • 材料の仕入れや発注管理
  • 原価
  • 時期のコース内容
  • 社長や幹部とバイトとの板挟み
  • クレーム対応
  • 新メニュー開発
  • 新企画の提案
  • 競合調査

 

こんなところでしょうか。

もちろん料理長と分担できるところもありますが、最終的な決断は店長です。

とにかくいろんな悩みを抱えますよね。

僕もそうでした。

 

スタッフは個性的なので同じように育てることはかなり難しいですし、簡単に時給も上げられないので辞める人も多いし入る人も少ない‥

売り上げが下がればチラシ配りでも旗振りでもやって少しでも売り上げに貢献しなければいけない。

クレーム対応は全部責任を負わなければいけません。

新メニューの開発も原価を考えていくら以内におさえる、みたいに結構緻密にやっていました。

店長の悩みは計り知れませんね。

POINT

店長職で培ったスキルや経験は転職先でも大いに役立つし、悩んだ分転職する際の面接や職務経歴書にも圧倒的有利

飲食店の店長からIT企業に転職するとどうなる?

飲食店の店長からIT企業に転職すると大抵下記のようになります。

 

拘束時間14時間が当たり前、残業という概念が無い勤務体制

→定時上がりは当たり前、残業代ももちろん出ます

 

安価な給料で歩合制なので時期によってはかなり低くて不安定

→常に安定、ボーナス支給の給与体制、もちろん会社によります。

 

バイトや予約に左右されて休日出勤、週末は休みが取れない

→基本的に左右されることはなく、土日祝日、ゴールデンウィーク、年末年始の特大連休、夏季休暇など当然のように取れます。

有給もむしろ取ってくださいって催促されるほど。

飲食時代は1度も有給は取れませんでしたね。

 

飲食店の店長時代は有給どころか週1回休みが取れるか取れないか分からない状態でしたが、IT企業に転職したことで週2回の休みは当たり前、祝日や年末年始が重なって10連休ぐらいになることもあります。

 

いかがでしょうか?

飲食店の店長から思い切ってIT企業に転職したことで、働きやすさが圧倒的に改善されました。

プライベートの時間が増えたことで、毎日ランニングしたり、このようにブログを書いたり、趣味の音楽や映画なども楽しめる状況です。

飲食時代は、お店から帰ってご飯食べて寝て起きてお店に行っての繰り返しだったので、今と違いすぎてゾッとします。

未経験からでも転職できるの?

結論:僕ができたのでできます。

未経験だったので簡単に転職できたわけではないですが、正しい情報を効率よく得ることで転職を有利に進めることができます。

 

未経験からオススメの転職の流れ

  1. 転職したい職種の勉強を4ヶ月
  2. 簡単な資格でも取れると若干有利
  3. 行きたい会社があればとりあえず会社に申し込む
  4. 転職エージェントに相談
  5. 面談
  6. 内定

 

このような感じです。

とりあえず会社に申し込むことで自分を追い込むことができるので勉強もはかどりますよ。

 

とはいえ、すぐには辞められないしどんな会社があるかもよく分からない‥

そんな方はとりあえず転職エージェントに相談するのがオススメです。

転職のプロであるアドバイザーがその辺の悩みを一緒に解決してくれるでしょう。

転職エージェントとは転職のプロであるキャリアアドバイザーが在籍しており、面接サポートから書類審査に通りやすい職務経歴書の書き方非公開求人の紹介会社との条件交渉まで多岐にわたってサポートしてくれます。

※僕がキャリアアドバイザーにサポートをもらった際は、会社に応じた面接対策や強みを生かした職務経歴書、通常知らないような非公開の求人の紹介などがありました

POINT

転職エージェントを利用することで効率よく最適な転職がしやすくなる

※無料で登録・利用可能なのでオススメです

飲食店の店長からIT企業に転職:働きやすさが圧倒的に違います まとめ

もちろん転職した会社にもよりますが、僕の場合は圧倒的に働きやすくなりました。

こちらの記事を読んで参考になった方はとりあえず転職エージェントに相談してみてくださいね。

飲食業界以外の世界もかなり広いのでぜひ視野を広げてください。

圧倒的に働きやすくなりますよ。

【人気記事】»IT企業にオススメの転職サイトと転職エージェント

よく読まれている記事

1

転職は時折辛くて険しいものですが、おそらくこのページにたどり着いたということは、あなたの悩みは転職なしでは解決しない可能性が高いです。 それかもしくは、「今の環境を変えないと将来に希望はない!」と、ご ...

2

まず、AIによって今存在する仕事は半分以上無くなると言われており、というか実際はすでに無くなっていてもおかしくない仕事ばかりなんです。 未だにアナログな業種が無くならないのは 突然仕事が無くなる人が増 ...

3

YouTubeの利用増をきっかけに動画編集の需要は拡大し続けており、今やなりたい職業に「動画クリエイター」なるものが当然のようにランクインする時代となりました。 そんな動画クリエイターの時代だからこそ ...

4

動画編集といえば初心者からプロまでクリエイティブ心を刺激してくれる最高のエンタメです。YouTubeの利用者増により動画を視聴する人と並行して動画編集をする人、いわゆる動画クリエイター人口も爆上がりで ...

-IT企業への転職

Copyright© まだ会社に依存してるの? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.