転職BLOG

会社を辞めたいのに辞めさせてくれない上司の法則

更新日:

僕は普通のサラリーマン。
最近会社の将来性に不安が‥
もっとスキルアップしたいし、成長したい!
でも今の会社は毎日同じことの繰り返し。
転職したいって上司に伝えたけど人手が足りないから無理って言われた‥

そういった悩みを抱えている方は多いです。

僕もその一人でした。

辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない上司。

向上心があるからこその転職であれば特にそれを否定されると、さらに会社への不信感は強くなるし正直どうしたらいいか悩みます。

僕は現在、年間1000件を超える某大手メーカーのweb広告、改善提案などのコンサル業務を行うチームのリーダーとして活動中です。

今でこそ転職に成功してIT企業で働くという1つの目的を達成しましたが、数年前までは全くの畑違いである飲食業界で、店長職やエリアマネージャー職を経験。

休日返上+14時間労働は当たり前の会社で働いていました。

そんな経験を元にお話ししていきます。

会社を辞めたいのに辞めさせてくれない上司の法則

会社を辞める理由にはいろいろあるでしょう。

会社への不満や人間関係の良し悪し。

さらには自分のスキルアップやキャリアアップのために転職したいから会社を辞めたい方も多いでしょう。

僕もそうでしたから。

当時の会社ではこれ以上自分の成長に繋がらないと感じ、他の会社を見てみたい、勉強したいと考えるようになりました。

そこで上司に相談したところ、今が踏ん張りどき、諦めるのか?のように転職する側が悪いかのような流れになりましたね。

はい、そうです。諦めます。

って言えれば良いんですけど

もうちょっとがんばります。

って言ってしまうんですよね。

情けない話。

そんな世の中のいけてない上司の話を少ししてみましょう。

こんな上司は嫌だ

  • 私情が多い
  • 本質が見えてこない
  • 喧嘩っ早い
  • ことあるごとに酒の場に連れて行かれる
  • 酒の場では後半説教が始まる
  • 仕事に無駄が多い

上記のような上司を持った部下は大変です。

上司は大抵部下に対して自分の価値観を押し付けてきます。

辞めたいのに辞めさせてくれないのもこれが原因です。

口では「まだまだ諦めるな、君ならできる」みたいに言いますが、結局は辞められたら自分が困るからなんです。

部下が辞めたらさらにその上の上司に怒られるでしょ?

そんなもんです。

もちろんそんな上司ばかりじゃないです。

色んな上司がいます。

こんな上司が好き・尊敬できる

  • 冷静
  • 話を親身に聞いてくれる
  • ここぞというときに現れる、助けてくれる
  • 本質を見抜ける
  • 大変でも周りのせいにしない

こんな感じでしょうか。

単純に仕事ができる上司が尊敬できるかといえばそうではありませんよね。

好かれる上司は話を聞くのが上手いですね。

そして本質を捉えているので無駄がなく効率も良いです。

退職を伝えた際に脅されたらどうする?

怖い話ですが、退職を伝えると脅されることもあるようですね。

 

退職する方法は2パターンあります。

  • 自らの力で退職する
  • 退職代行に依頼する

この2つですね。

脅されるようなら退職代行に依頼して一切の関係をスパッと切ってしまいましょう。

 

自らの力で退職するなら覚えておいた方が良いことを2つお伝えしますね。

 

 

■ 退職に会社の許可はいらない

契約社員でない限り、退職を申し出てから2週間で退職できるという規定があります。

法的に会社は拒否することはできません。

ですが聞く話によると結構脅されてる方多いようですね。

退職させないように会社側が本人を脅して辞めさせないように囲う流れは少なくないようです。

※僕も以前労働基準監督署に申し出に行ったことがあります。親身になって相談にのってくれますよ。

 

 

■ 就業規則に違約金?

就業規則にこんなことが書いている場合があります。

「入社して1年内に辞めた場合違約金が発生する」

ですが、損害賠償などを請求するようなこの就業規則こそが違法になるので、支払う必要はありません。

 

 

POINT

■ とりあえず押さえておくべき転職代行サービス

転職代行サービスのNEXT:手数料は業界最安値、会わずに転職が可能、弁護士サポートの退職代行サービスです。

  • 雇用契約の解除
  • 未払い残業代の請求
  • 有給取得を含む給与等の請求

会社を辞めたいのに辞めさせてくれない上司の法則 まとめ

入社した会社であなたの存在価値が大きい程辞めさせてくれない可能性はあります。

もしくは、残業が多かったり休日出勤が多かったり‥

人手不足でブラック感満載の会社も辞めさせてくれない可能性が高いです。

何度もお伝えしているように、辞めたい旨を伝えると脅しやが始まるパターンも少なくありません。

嫌がらせで離職票が届かないケースもあるようです。

そんな脅しや嫌がらせに一切関与せずに退職したいなら退職代行がオススメです。

最近の退職代行はその後の転職先まで一緒に探してくれるようです。

気になる方はぜひ相談してみましょう。

また、自らの力で退職してやる!って方は、脅されたりしたら必ず労働基準監督署に相談しましょう。

かなり親身になってくれるので利用できるものは利用してくださいね。

【人気記事】»実体験:職種別おすすめの転職サイトと転職エージェント

よく読まれている記事

1

そんな悩みにお答えします。 僕は現在、年間1000件を超える某大手メーカーのweb広告、改善提案などのコンサル業務を行うチームのリーダーとして活動中です。 今でこそ転職に成功してIT企業で働くという1 ...

2

初めまして。 簡単に僕の自己紹介をします。 就活が嫌で何となく飲食事業を母体に展開する企業に入社。 気づいたら10年経っていました。 そんな中、会社の倒産により突如仕事を失われた僕は、全くの未経験から ...

3

こんなお悩みにお答えします。 僕は20代という楽しい青春時代を飲食業界に捧げてきましたが、会社の倒産をきっかけに強制的に転職することになりました。 飲食店時代の拘束時間は長く、給料は少なくさらに休みが ...

4

こんな悩みにお答えします。 僕は現在IT業界の中でもWEBマーケティングを中心に活動中。  30代にして飲食業界からIT業界へと転職を遂げた僕がなぜ、動画・映像クリエイターの求人に興味を持っ ...

-転職BLOG

Copyright© 転職体験BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.