【悲報】動画編集スクールで失敗する3つの理由とおすすめ4選

【悲報】動画編集スクールで失敗する3つの理由とおすすめ4選

更新日:

動画編集スクールで動画編集スキルを学びたい!
独学じゃハードルが高過ぎます!

動画編集といえば初心者からプロまでクリエイティブ心を刺激してくれる最高のエンタメです。YouTubeの利用者増により動画を視聴する人と並行して動画編集をする人、いわゆる動画クリエイター人口も爆上がりですね。

そんな動画編集で最近叫ばれているのが「動画編集スキルの格差」問題です。動画編集はスマホでもできるし最近のソフトは初心者でも簡単に操作することができるようになりました。

がしかし、スマホでやれることや初心者の知識でやれることはたかが知れており、いざ動画を制作したとしても視聴者の心を動かすことができるコンテンツを届けられるクリエイターは一握りというのも事実。

つまり、動画クリエイター人口が増えているのも事実で、それだけ競合が増えるのも事実。そうなると視聴者はさらに質の高いコンテンツを求めるので、価値の低いクリエイターは淘汰されていく=稼げないということです。

そんな格差が広がりつつある動画編集の世界で生き抜くためには、当然スキルを磨かなければなりません。

最近で言えばヒューマンアカデミーのようなオンラインスクールやUdemyのような隙間時間を使って学べる動画講座も人気なので一度サイトをのぞいてみると良いでしょう。

ヒューマンアカデミー:月々5,000円から〜動画編集スキルをリーズナブルに短期間で集中して学べる※資料請求は無料

Udemy:スキマ時間で勉強できる時代に合ったサービス

デジタルハリウッド :WEB制作会社によるネット動画クリエイター養成

【悲報】動画編集スクールで失敗する3つの理由

動画編集スクールで失敗する理由は

  • 目的がよく分かっていない
  • サポート体制と受講フローが自分に合っていない
  • 受講期間が無駄に長い

大きく分けてこの3つです。

それでは1つずつ紐解いていきましょう。

目的がよく分かっていない

動画編集とは言わず全てのジャンルでも同じで、「目的がよく分かっていない」という方が非常に多いように思います。動画編集を学んでその先に何があるかを想像できていない、ということに繋がるんですが、この目的想像思考を疎かにすると確実に挫折します。

例えばいざ受講が始まるとして、なんとなく言われた通りに勉強するとします。受講カリキュラムが始まり、いわゆる普通の学校と同じく先生の指導の元にソフトの使い方やこつみたいなことを学んでいくことになります。

たまに作品を作って添削してもらうこともあるでしょう。そういったことを少しずつ繰り返しながらスキルを付けていくことになります。

そしてオンラインスクール卒業を迎え、動画クリエイターだらけの社会に放り出されてレッドオーシャンの中で慌てふためき最悪溺れて二度と浮かぶことのない状況に、、という悲しい現実が待ってます。

目的を設定するということは、動画編集をその目的を達成するための「手段」にすることになります。目的は例えば

  • フリーの動画編集者として生活したい
  • 副業で動画編集して小銭稼ぎしたい
  • 質の高い動画編集をして自分のコンテンツを発信したい

などが動画編集の目的になりますね。

仮に動画編集を学ぶことを目的にしてしまうと、あなたの成長は非常に遅くなり趣味程度のスキルで卒業を迎え、掛け替えのない時間となけなしのお金を無駄に使って動画編集ライフは終了となります。

目的を設定することで、受講中に学べること+目的に必要な情報を自ら集め、勉強し、それを先生なりスクールの友人なりと共有し切磋琢磨するように自然となります。これこそが目的を設定する理由といっても過言ではありません。

つまり、目的を設定せずにスクール等を受講すると成長できないどころか挫折(失敗)する可能性も上がりますが、目的を設定することで自然とプラスアルファの行動を起こすようになり、結果、予想以上の成長を見込めるということです。

サポート体制と受講フローが自分に合っていない

英語でもプログラミングでもスクール系には

  • オンライン
  • 通学
  • 隙間時間を使った動画講座

というものがあります。

動画編集のオンラインスクールで言えば、ヒューマンアカデミーやデジタリハリウッドなど大手スクールが有名ですが隙間時間を使った動画講座であればUdemyが人気です。

IT企業ではリモートワークが主流になりつつありまして、僕もリモートしたり出社したり、そんな生活をしています。僕はリモートで全然大丈夫なんですが、聞いているとオフィスの方が仕事ができる人もいるようで、動画編集スクールにおいても同じことが言えるかと思います。

通学することには教えやすい、教えられやすい、体温が伝わる、などのメリットがありますし、オンラインにはわざわざ受講しに移動しなくて良いというメリットもあります。隙間時間を使った動画講座なんて、隙間時間ですから通勤時や待ち合わせの待機時間などでサクサク学べるというメリットもあります。

料金体系にもその差は顕著で、通学となればその分高くなることは間違いありません。それぞれにメリットやデメリットがあるのでぜひ精査してみてください。

ヒューマンアカデミーは無料で資料請求ができるので、詳しく知りたい方は一度サイトを覗いてみると良いでしょう。

ヒューマンアカデミー:月々5,000円から〜動画編集スキルをリーズナブルに短期間で集中して学べる※資料請求は無料

Udemy:スキマ時間で勉強できる時代に合ったサービス

デジタルハリウッド :WEB制作会社によるネット動画クリエイター養成

受講期間が無駄に長い

受講期間が無駄に長いのは動画編集を学ぶ上で非常に最悪のケースです。集中して学べば半年程度で形になるので、それ以上を受講に費やすのであればさらに高い目標を持って卒業時は全部のスキルをもぎ取るぐらいの気持ちで受講してください。

期間が長くなればなるほどお金がかかる反面、成長を感じなければ精神的に追い込まれます。もちろんお金が有り余って趣味程度で動画編集学びたいという方は度外視しますが、あなたはそうではないからこちらの記事を読んでいただいているんだと思います。

無駄に受講期間を長くするより半年なら半年、一年なら一年と決めて集中して取り組みましょう。動画編集は今や人気の職業なのであなたと同じようにスキルを学びたい人は非常に多いので時間を無駄にしないように。

おすすめの動画スクール4選

おすすめの動画スクール4選ということでご紹介するのは

  • ヒューマンアカデミー
  • Udemy
  • デジタルハリウッド 
  • ココナラ

となります。厳密にはUdemyは動画講座なので動画を視聴する形になります。ココナラは現役のクリエイターから格安で個人的に指導が受けられる、というサービス。詳しく知りたい方は下記からご覧ください。

ヒューマンアカデミー:月々5,000円から〜動画編集スキルをリーズナブルに短期間で集中して学べる※資料請求は無料

Udemy:スキマ時間で勉強できる時代に合ったサービス

デジタルハリウッド :WEB制作会社によるネット動画クリエイター養成

ココナラ:個人間のスキル売り買いサービス

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのポートフォリオはこちら。受講時に制作して先生が添削しあなたの代表作を制作。

プロの技術やノウハウなど動画クリエイターに必要な一連のスキルを習得することができるカリキュラム。資料請求が無料なので一度お試しで確認してみてください。

»ヒューマンアカデミー公式サイトはこちら

Udemy

米国シリコンバレー発祥の世界最大級のオンライン学習プラットフォームとなり、隙間時間を使って知識をつけることができるサービスの台頭です。セール時は数千円で質の高い動画講座が購入できるのでおすすめです。

»Udemy公式サイトはこちら

デジタルハリウッド 

最大の特徴は「WEB制作会社」が運営していることで、フリーで動画編集をしていきたいような人にとってはWEB系の知識も同様に学ぶことができるでしょう。

»デジタルハリウッド 公式サイトはこちら

ココナラ

完全オンライン完結で外出することなく相手に会うこともなくサービスの提供が受けられます。スキルのオンラインマーケットとなっており、個人間で様々なスキルの売り買いが行われています。

ギター教えます、イラストの書き方教えます、マーケティング教えますなどなど、、動画編集においては現役のプロもいるので、しっかり精査した上であれば格安で質の高いスキルを学ぶことができるはずです。

»ココナラ公式サイトはこちら

というわけで

動画編集スクールで失敗する理由とおすすめ4選をお伝えしてきました。動画編集は今最も熱い人気の職種で、フリーでも副業でも動画編集をしている人は急増中です。

だからこそスキルの格差や年収の格差が広がり、稼げる人は稼いでいますが稼げない人は時給500円という最低賃金以下で働いている人もいます。

動画編集に興味を持って、今後少なからず動画編集でお金を稼ぎたい、生活したいと思われているからこそこちらの記事をご覧いただいていることだと思います。

全ては行動から始まります。今回ご紹介したスクールやサービスのサイトをご覧いただくことが、あなたの輝く未来への最初の一歩になることを心より祈っております。

ヒューマンアカデミー:月々5,000円から〜動画編集スキルをリーズナブルに短期間で集中して学べる※資料請求は無料

Udemy:スキマ時間で勉強できる時代に合ったサービス

デジタルハリウッド :WEB制作会社によるネット動画クリエイター養成

ココナラ:個人間のスキル売り買いサービス

【人気記事】»今後業績が伸びそうな気になる業種・業界をご紹介

よく読まれている記事

1

転職は時折辛くて険しいものですが、おそらくこのページにたどり着いたということは、あなたの悩みは転職なしでは解決しない可能性が高く、「今の環境を変えないと将来に希望はない!」と、ご自身でも理解しているん ...

2

まず、AIによって今存在する仕事は半分以上無くなると言われており、というか実際はすでに無くなっていてもおかしくない仕事ばかりです。 未だにアナログな業種が無くならないのは 突然仕事が無くなる人が増えた ...

3

YouTubeの利用増をきっかけに動画編集の需要は拡大し続けており、今やなりたい職業に「動画クリエイター」なるものが当然のようにランクインする時代となりました。 そんな動画クリエイターの時代だからこそ ...

4

動画編集といえば初心者からプロまでクリエイティブ心を刺激してくれる最高のエンタメです。YouTubeの利用者増により動画を視聴する人と並行して動画編集をする人、いわゆる動画クリエイター人口も爆上がりで ...

-動画クリエイターへの転職

Copyright© まだ会社に依存してるの? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.